Z会の幼児コースで資料を請求すると、体験用のお試し教材も無料でもらうことができます。もし子どもが年長さんであれば、「入学準備スタート!ワーク」というワークも合わせて送られてきます。

Z会の幼児コースは体験型と教材型の2種類のワークが特徴なのですが、どういうものかいまいち想像できませんでした。

なお子
特に体験型のワークの方が・・・。どういうものなんだろう?

 

そこで、Z会幼児コースの資料請求に申し込み、体験用のお試し教材をもらってみることにしました。

Z会幼児コースの資料請求のやり方はこちらの記事にまとめています。簡単なので、興味があればぜひ資料請求をしてみてくださいね。

Z会 幼児コースの無料資料請求をしてみる>>

Z会幼児コースの資料請求・体験教材の中身は?

Z会幼児コースの体験資料

Z会幼児コースの資料請求は年少からすることができます。うちで該当するのは年中の長女(5歳)だけなので、今回は長女の分だけ申し込みをしました。

資料はおおよそ1週間ほどで届きます。

Z会幼児コースの体験資料

資料がたくさん入っていましたが、体験用としてはこの3冊。

  • ぺあぜっと(体験型の教材)
  • かんがえるちからワーク(ワーク型の教材)
  • ぺあぜっとi(情報誌)

Z会幼児コースに入会した後は、この3冊は必ず自宅に届けられます。これにプラスして副教材や、年少コースだとミニサイズの絵本型教材も届きます。

ぺあぜっと

Z会幼児コースの体験資料・ぺあぜっと

まずは「ぺあぜっと」。これが私の気になっていた体験型の教材になります。見た目はワークなのですが・・・どう体験するのでしょうか?

Z会幼児コースの体験資料・ぺあぜっとシート

1ページ目をめくると、ペラっと出てきたのは「ぺあぜっとシート」です。これは見本なので、絵や字はすでに書き込んでありました。

年中・年長コースでは月に1回の提出課題があるのですが、こんな感じで仕上げて提出します。これは、「大きいと思うものの絵を描こう」という課題例です。

おうちの人とお話しながら、大きいと思うものを考えたり、1番好きな大きなものを話したりしながら、シートを仕上げていきます。

絵を描くのは子どもで、その他の部分(字の部分)は親が書きます。そして提出すると、裏面に担任の先生から手書きの「おへんじシート」が届く・・・という流れです。

ちなみに文字の部分は親が書くということについてですが、これは子どもが字を書ける書けないに関係なく、必ず親が書くようになっています

なお子
担任の先生が適切なお返事を書けるようにするためです。

 

つまりこの「ぺあぜっとシート」は、「親子で作り上げていくシート」ということですね!

Z会幼児コースの体験資料・ぺあぜっと

さて、実際の教材の中身ですが、親子で一緒に活動する遊びがあったり・・・。

Z会幼児コースの体験資料・ぺあぜっと

一緒に料理をする活動があったりします。どんな風に活動するのかはワークに書いてあるので、参考にしながら親子で取り組みます。

実際に家にあるものを利用して体験活動をするので、そこが「こどもちゃれんじ」のような体験型の教材(おもちゃ)が届く通信教材との違いです。

かんがえるちからワーク

Z会幼児コースの体験資料・かんがえるちからワーク

「かんがえるちからワーク」のおためし教材は8ページあるのですが、これは実際の教材のおよそ4分の1の分量です。

通常の教材は30ページあり、それを1ヶ月かけて取り組んでいきます。

Z会幼児コースの体験資料・かんがえるちからワーク

ひらがなの練習です。絵もあるので、「あ」を使った単語が視覚的にも分かるようになっています。

Z会幼児コースの体験資料・かんがえるちからワーク

もちろん、子どもの好きなシールの教材もありますよ!

Z会幼児コースの体験資料・かんがえるちからワーク

かごの中にシールを貼って、洗濯物を分けていきます。長女は、全体的に楽しそう取り組んでいました。

その他

ぺあぜっとi

Z会幼児コースの体験資料・ぺあぜっとi

保護者向けの情報誌「ぺあぜっとi」です。「ぺあぜっと」の内容についての解説や、「かんがえるちからワーク」の答えがのっています。

例えば先ほど「ぺあぜっと」のお試し見本でサラダ作りの体験ページがありましたが、その体験に関しては、

  • 「ちぎる」体験から学べること
  • 体験を始める前のアドバイスとコツ

などが書いてありました。

「書いてあることをなんとなくさせた」ではなく、「この体験が子どもにとってどんな効果があるのか」を親が頭に入れて取り組むことができるようになっています。

プレゼント

Z会幼児コースの資料請求でもらえるプレゼント

プレゼントとして、クリアファイルが入っていました。1964年の東京オリンピックから2020年の東京オリンピックまでの間の、オリンピック開催都市と国旗が書いてあります。

プレゼントは変わることがあるので、資料請求前にはぜひチェックしてみてくださいね。

Z会幼児コースの無料資料請求・体験教材で分かったこと

生活に身近なものが題材に

Z会幼児コースの教材は、生活に身近なものが題材になっており、例えば葉っぱの形と花の形を結びつけたり。

Z会幼児コースの体験資料・かんがえるちからワーク

鮭の切り身から元の形を探したり。

Z会幼児コースの体験資料・かんがえるちからワーク

こんな感じの「知らないと解けない」みたいな問題がちょこちょこ出てきます。

まあ鮭の切り身に関しては、写真をよく観察すれば分かりそうですが・・・。葉っぱの形に関しては、長女は完全にお手上げでした。

もちろん迷路や間違い探しもあるのですが、他の幼児向け通信教材とはちょっとテイストの違いを感じました。

親子で関わり合いながら取り組む

基本的にどの教材でも、子どもが小さいうちは少なからず親の関わりがないといけないのですが、Z会は特に親子で関わり合いながら取り組む内容が多いです。

提出課題もですが、体験教材の「ぺあぜっと」はまさに関わり合いが前提の教材ですよね。親も一緒に取り組まないと、何もできません。

教材は1ヶ月分の量が届きますので、平日は「かんがえるちからワーク」、休日に「ぺあぜっと」というように、うまく時間を使いながら取り組むといいと思います。

Z会幼児コースの資料請求・体験教材のまとめ

Z会幼児コースは、実際の生活での観察力や考える力が身につきそうな教材だなと思いました。最初は難しく感じるかもしれませんが、内容としては実際の生活に結びついています。

Z会幼児コースの口コミや詳しい料金については、こちらの記事にまとめています。

親子で関わりながら取り組みたい方にはおすすめの教材です。資料請求は無料でできますので、ぜひ1度試してみてくださいね!

Z会 幼児コースの無料資料請求はこちらから>>

おすすめ幼児教材ランキングBEST3!(2018年11月最新)

こどもちゃれんじ

付録、ワーク、キャラクター、全ての要素が充実した教材!

付録が充実しており、学習面だけでなくトイレトレーニングなどの生活・しつけ面に関しても、すべてにおいてバランスのよい教材です。0歳からさっそく始められるのも魅力の1つ。初めての教材で悩んでいるのであれば、こどもちゃれんじがおすすめです。

対象年齢 無料体験
0歳~年長 あり

幼児ポピー

シンプルな教材で学習に集中!1000円以下で始めやすい教材

幼児ポピーは付録やおもちゃはついておらず、ワークで力をつけていく教材です。その分料金も安く、1000円以下で始めることができます。学習面に集中したい方、料金を安く押さえたい方におすすめの教材です。

対象年齢 無料体験
2歳~年長 あり

Z会幼児コース

体験&ワーク型の教材で、五感をとことん刺激する!

Z会の幼児コースは体験型の教材とワーク型の教材で構成されているのが特徴です。年中からは提出課題もあり、もちろん添削指導つき。付録やおもちゃなどはありませんが、親子で関わり合いながら学びたいという方にはおすすめの教材です。

対象年齢 無料体験
年少~年長 あり

↓↓おすすめの幼児教材ランキングをもっと詳しく!!↓↓

おすすめ!人気の幼児教材ランキング

こちらの記事もおすすめです!