「持ち物には名前を書いてください。」とよく言われますが、子どもの靴下の名前書きって困りませんか?

油性ペンで書いても読みにくくなるし、色の濃い靴下だと書く場所がないし。白の油性マジックを使ってみたこともあるのですが、全然上手くいきませんでした。

解決策としては、名前を書くスペースがある靴下を選ぶことでしょうか。

子ども用靴下

でも名前書きスペースがある靴下は置いてある品数もあまりなく、選べるデザインが限られてしまいます。

で、ネットで調べてみたのですが、いろいろなアイデアがあるんですね。

その中から、最終的に私が今している方法について書きました。このやり方は手間はかかりますが、その分安く済みます

子どもの靴下の名前書き・用意するもの

100円ショップセリアの「のびのびゼッケン」

アイロンで接着できる「のびのびゼッケン」です。100円ショップの「セリア」で購入しました。比較のためにマッキーペンを横に置いています。

なまえペン

そしてもう1つ、布にも書ける「なまえペン」です。手芸店で購入しました。一応「極細」と「細字」を購入してみましたが、「極細」が1本あれば良いと思います。

子どもの靴下の名前書き・手順

100円ショップセリアの「のびのびゼッケン」

「のびのびゼッケン」の中に入っているものです。この左側のゼッケンを使います

100円ショップセリアの「のびのびゼッケン」

最初から折り目がついているので、折り目に沿って切ります。

100円ショップセリアの「のびのびゼッケン」

さらに半分に切ります。

100円ショップセリアの「のびのびゼッケン」

横書きで、名前をずらずらと書いていきます。ちなみにこの写真は、4種類のペンで太さを試してみたものです。

上から順番に、

  • 「なまえペン(極細)」
  • 「なまえペン(細字)」
  • 「油性ペン(マッキーペンのことです)の細い方」
  • 「油性ペンの太い方」

どれでも読めるので、後はお好みで。私はより書きやすくて読みやすい「なまえペン(極細)」を愛用しています。

100円ショップセリアの「のびのびゼッケン」

名前に沿って、ハサミでチョキチョキ切り取ります。

100円ショップセリアの「のびのびゼッケン」

靴下の数が多いなら、最初からたくさん作っておくと後で楽です。

子ども用靴下

後はアイロンで靴下に貼り付けて完成です!上の写真は、サイズが15~20cmのローカットソックスです。

子ども用靴下

さらに小さいサイズの靴下(9~14cm)でも大丈夫。こんな感じになります。

子どもの靴下の名前書き・実際に履いたところ

子ども用靴下

3歳の長男が履いているところです。土踏まず辺りにあります。

子ども用靴下

6歳の長女の靴下にも付けています。土踏まずより足先の方にありますが、今の所気にしている様子はありません。

子どもの靴下の名前書き・余ったゼッケンの使い道

「のびのびゼッケン」にはもう1つ、水着に使うと思われるゼッケンがついています。写真だと、右側に置いています。

100円ショップセリアの「のびのびゼッケン」

せっかくなので、これも利用。

100円ショップセリアの「のびのびゼッケン」とタオル

次男は、お尻や体を拭くためのタオルも園に持って行っています。

白いタオルだと汚れが目立ちそうだったので、紺色のタオルを購入しました。ですが、黒ペンで名前を書いても目立ちません。

なお子
どうしよう・・・。

 

と考え、さっきのゼッケンを半分に切ってアイロンでつけてみました。その結果、かなり良い感じに!

  • 見やすい
  • 書きやすい
  • とれない(タオルにもしっかり付いた)

おまけ扱いしていたゼッケンでしたが、使い所はいろいろありそうです。

子どもの靴下の名前書き・失敗談

実はもう1つ、「のびのびなまえテープ」という商品も買っていました。これは手芸店で購入したものです。

のびのびなまえテープ

これに名前を書いて切れば、楽でしかも綺麗に仕上がると思ったのですが・・・。

「なまえテープ」と「のびのびゼッケン」

比較してみると、「なまえテープ」の方が太いですよね。足裏につけることになるので、できるだけ細めの方が良いかと。

「なまえテープ」の裏面

この商品を断念した理由は他にもあって、付ける時には1度裏面を濡らさないといけません。何足もの靴下に付けるのに、この一手間が面倒でした。

子どもの靴下の名前書き・デメリット

手間がかかる

切って、書いて、貼って、付けてと工程が多いので、単純に面倒です。一気に何足もつける分にはまだいいのですが、たまに1足だけ剥がれかけているのを見つけると、

なお子
あぁ~嫌だぁ~(泣)

 

と思ってしまいます。

かわいくない

写真の通り、見た目はかわいくはないです。見えない場所なので、「名前が分かれば良い」という方にはおすすめです。

 

もしこれらのデメリットを解消したいなら、アイロンで接着するだけの「フロッキーネーム」なんていう物もあります。

少しですが手間は減らせますし、見た目は断然こっちの方がかわいいですね!

子どもの靴下の名前書き・メリット

安い

手間がかかる分、めちゃくちゃ安く済みます。なんと言っても100円なので、コスパは良いです。

「のびのびゼッケン」を1つ買えば、かなりの数の靴下に名前が付けられます。

とれにくい

以外と長持ちします。剥がれたことは、今のところほとんどありません。ただ、滑り止めが付いているタイプの靴下がありますよね。

子ども用靴下

この滑り止めの上に貼っちゃうと、剥がれやすくなります。すこーしズラして貼るようにしてからは、本当にほとんど剥がれなくなりました。

見やすい

パッと見てすぐに名前が分かります。色の濃い靴下、薄い靴下、どちらに付けても名前が見やすいです。

調整できる

長さや太さ、大きさを全部自分で調整できます。靴下なら細めで小さい方が、子どもも気になりません

子どもの靴下の名前書き・まとめ

靴下の忘れ物・名前無しは多いらしく、園からも「記名をお願いします」とよくお知らせがきます。

子どもが小さいうちは、どれが自分の靴下が判断が出来ません。また、お友達と同じ靴下を履いていることもあります。

しっかり記名して、子どもの持ち物を管理しておきましょう!

↓↓今イチオシの教材もチェック!↓↓

 

イチオシ教材はコレ!「デキタス」

おすすめ幼児教材ランキングBEST3!(2019年9月最新)

幼児ポピー

シンプルな教材で学習に集中!約1000円で始めやすい教材

月刊ポピー幼児コース出典:『月刊ポピー』公式サイト

幼児ポピーは付録やおもちゃはついておらず、ワークで力をつけていく教材です。その分料金も安く、1000円前後から始めることができます。学習面に集中したい方、料金を安く押さえたい方におすすめの教材です。

対象年齢 無料体験
2歳~年長 あり

こどもちゃれんじ

付録、ワーク、キャラクター、全ての要素が充実した教材!

こどもちゃれんじ公式サイトの教材画像出典:『ベネッセ』公式サイト

付録が充実しており、学習面だけでなくトイレトレーニングなどの生活・しつけ面に関しても、すべてにおいてバランスのよい教材です。0歳からさっそく始められるのも魅力の1つ。初めての教材で悩んでいるのであれば、こどもちゃれんじがおすすめです。

対象年齢 無料体験
0歳~年長 あり

Z会幼児コース

体験&ワーク型の教材で、五感をとことん刺激する!

出典:『Z会』公式サイト

Z会の幼児コースは体験型の教材とワーク型の教材で構成されているのが特徴です。年中からは提出課題もあり、もちろん添削指導つき。付録やおもちゃなどはありませんが、親子で関わり合いながら学びたいという方にはおすすめの教材です。

対象年齢 無料体験
年少~年長 あり

↓↓おすすめの幼児教材をもっと詳しく!!↓↓

おすすめ!人気の幼児教材ランキング

こちらの記事もおすすめです!