おすすめ!人気の幼児教材ランキング

☆人気の幼児教材ランキング☆

子ども向けオンライン英語ランキング

☆子ども向けオンライン英語ランキング☆

子どもにトレース台を買ってみました!

以前、6歳の長女にすみっコぐらしの「うつしえライトボックス」を買ってあげました。すみっコぐらしのイラストをトレースできるおもちゃなのですが、これに長女がハマりました。

毎日毎日、何枚も何枚も何枚も。数えてはいませんが、100枚以上は描いたと思います。

そこで、そんなに楽しいなら…と、トレース台を買ってあげることにしました。これなら、他のイラストもトレースできます。

2,000円あればわりと良いものが買えるので、そんなに高くもありません。

今回私が購入したものは売り切れてしまいましたが、同じタイプのものを紹介しておきます。

ですがこれ、電源のオン・オフスイッチがありませんし、明るさの調節もできませんので、もしこれから購入すするなら他のものが良いかと思います。

私がもし買い直すとしたら、これ。

そしてこれだけだと、パソコンにつなげないと電源を供給できないので、USB-AC変換アダプターというものを追加で購入して、コンセントから使えるようにします

なお子
この辺りは、ちゃんと調べて購入するようにして下さいね。

 

それでは、トレース台を購入したレビューを紹介します。

トレース台が届いた!中身を紹介

届いたトレース台です。比較のためにマッキーペンを置いています。届いた感想ですが、箱のわりにめちゃくちゃ軽いです。

トレース台

さっそく開けてみます。

トレース台

中身です。

トレース台

写真にはコードとコンセントと書いていますが、正しくは

  • コード→USBケーブル
  • コンセント→USB-AC変換アダプター

です。

USBケーブルを使えば、パソコンにつなげて使えます。コンセントで使いたいなら、さらにUSB-AC変換アダプターをつなげれば、コンセントから電源を供給できます。

この辺りは、以下で画像を見てもらった方が分かりやすいかと思いますので、読み進めてみて下さい。

トレース台の使い方

説明書も付いていましたが、見なくても簡単に使えます。

トレース台

トレース台の端っこの方にUSBポートがあるので、そこにUSBケーブルをつけます。このまま反対側をパソコンにつなげば、トレース台が光ります。

コンセント

パソコンにつなぐのではなく、コンセントにつなぎたい…という場合には、付属のUSB-AC変換アダプターを使います。

スイッチ付きのコンセントタップ

今回買ったトレース台にはオン・オフのスイッチが無く、コンセントやUSBケーブルを抜き差しすることでトレース台を光らせる仕様になっています。

私の場合は長女のために買ったので、コンセントの抜き差しは子どもには危ないかなと思い、上の写真のようなスイッチ付きのコンセントタップを用意しました。

コンセント

全部つなげるとこんな感じです。これならスイッチをカチカチするだけなので、子ども1人でも安心して使えます。

トレース台

光りました!試しに使うためのちょうど良いイラストが無かったので、以下の「ディズニーキッズ」というサイトで、塗り絵を印刷しました。

このサイトは塗り絵や迷路のほか、ちょっとしたゲームなどもあり、おすすめです。

ディズニーキッズはこちら>>

さて、トレース台にイラストを置き、紙を重ねてみると…。

トレース台

しっかりと透けていて、なぞりやすそうです!長女が描いている時にずれないように、マスキングテープも用意しました。

マスキングテープ

これを使って、イラストと紙を固定します。

トレース台

さっそくトレースしてみた!

無料のダウンロードサイトのイラストを利用して

さきほどのディズニーキッズで用意した、アリエルのイラストをなぞってみます。

…が、すみっコぐらしからいきなりディズニープリンセスは難しく感じたらしく、「むずかしいよ~」「出来ないよ~」を連発していました。

トレース台

いろいろ言いながらも、完成した作品がこちら。

イラスト

なんだかんだ言っていたわりには、上手になぞれていると思います。

ですがディズニーキッズにあるイラストは、長女は「難しい」と言ってあまりやる気が出ないようだったので、他に良いものがないか探してみることにしました。

100円ショップの塗り絵を利用して

次に利用したのは、市販の塗り絵です。こちらはダイソーで購入しました。A4の半分のA5サイズなので、大きさもちょうど良いです。

塗り絵

サンリオのキャラクターなら、ディズニープリンセスよりもなぞりやすそう。

同じディズニーでも、このくらいなら最初からやる気が削がれることもないかな?と思います。

塗り絵

なぞりやすいよう、ページをコピーして…。

塗り絵

さっそくやってみます。今度はいろいろ言わず、黙々と取り組んでいました。

トレース台

スイッチを手元に置いてあげたので、たまにスイッチを切って出来上がりを確認しながら進めていきます。

トレース台

やっぱりトレース自体は好きらしく、黙々となぞる→色を塗るを繰り返し、気づけばこんなに描いていました!買って良かったです。

イラスト

なお子
イラストの選別は大事ですね!

 

失敗したなと思ったこと

一見スムーズに見えたと思いますが、失敗したな~と思ったことが2つあったので、ご紹介しておきます。

塗り絵をばらばらにするべきではなかった

コピーをするのも手間なので、最初は、塗り絵をそのままお手本のイラストとして使おうと思ったんです。購入した塗り絵は、ホッチキスで留めてあったので、それを外して…。

塗り絵

バラバラにして…。

塗り絵

このまま使おうと思ったのですが、いざトレース台に置いてみると…。

トレース台

裏のイラストと表のイラスト、全部透けてしまって、ごちゃごちゃになってしまいました。

大人なら線の見分けはつきますが、するのは6歳の長女なので、これは無理というか、上手くできずにイライラしそうだなと判断しました。

それに、ばらしてしまってから気付いたのですが、見開きで描かれているイラストは半分が切れてしまうんですよね。

この半分を探すのがまた大変で…。

塗り絵

これなら最初からバラさずに、塗り絵をそのままコピーしてあげた方が、手間は少なかったです。

他のトレース台も調べれば良かった

私はあまり調べず、楽天で口コミが良くて値段も2千円くらいのものを迷わずポチってしまったのですが、もっとよく調べて買えば良かったと思っています。

というのも今回買ったトレース台は、最初にも書いたのですが、

  • 電源スイッチがない
  • 明るさの調節ができない

という、わりと大きいデメリットがあります。特に明るさの調節ができないのが気になっていて。眩しくて、視力が心配なこともあります。

高いものじゃないとそういう機能はついていないのかと思っていましたが、調べてみると、そんなことは無かったです。

もし今購入するとしたら、下のものを買うかな…と思います。

これはオン・オフのボタンもついていて、明るさの調節もできます。値段も、私が買ったものと同じくらいです。

それに加えて、コンセントから電源を供給できるよう、USB-AC変換アダプターを追加で購入します。

もし購入を検討していたら、参考にして下さいね。

子どもにトレース台を買ってみたまとめ

あるプロのイラストレータさんが言っていたのですが、イラストの上達にトレースは効果的な練習法だそうです。

なぜなら、「プロの描き込みの量を知ることができるから」

もちろん人それぞれ練習法はありますし、そればっかりで良いということではありませんが、とにかく長女には合っていたようです。

暇さえあればトレースし、出来上がった作品を嬉しそうに見ているので、買って良かったなと思います。

↓↓今イチオシの教材もチェック!↓↓

 

月刊ポピー

おすすめ幼児教材ランキングBEST3!(2020年9月最新)

幼児ポピー

シンプルな教材で学習に集中!約1000円で始めやすい教材

月刊ポピー幼児コース出典:『月刊ポピー』公式サイト

幼児ポピーは付録やおもちゃはついておらず、ワークで力をつけていく教材です。その分料金も安く、1000円前後から始めることができます。学習面に集中したい方、料金を安く押さえたい方におすすめの教材です。

対象年齢 無料体験
2歳~年長 あり

こどもちゃれんじ

付録、ワーク、キャラクター、全ての要素が充実した教材!

こどもちゃれんじ公式サイトの教材画像出典:『ベネッセ』公式サイト

付録が充実しており、学習面だけでなくトイレトレーニングなどの生活・しつけ面に関しても、すべてにおいてバランスの良い教材です。0歳からさっそく始められるので、赤ちゃんの頃から幼児教育を始めることが出来ます。

対象年齢 無料体験
0歳~年長 あり

Z会幼児コース

体験&ワーク型の教材で、五感をとことん刺激する!

出典:『Z会』公式サイト

Z会の幼児コースは体験型の教材とワーク型の教材で構成されているのが特徴です。年中からは提出課題もあり、もちろん添削指導つき。付録やおもちゃなどはありませんが、親子で関わり合いながら学びたいという方にはおすすめの教材です。

対象年齢 無料体験
年少~年長 あり

↓↓おすすめの幼児教材をもっと詳しく!!↓↓

おすすめ!人気の幼児教材ランキング